ヴィバ・ロバのご紹介
 
アットホームな街のお菓子屋さん

ヴィバ・ロバ店内写真

ヴィバロバはお菓子のマルシェ(市場)をコンセプトに、1940年に北の街旭川に誕生しました。ロゴの赤は情熱、白は清潔を意味し、市民の皆様の一番近くのお菓子屋さんとして、永きにわたって愛されてきました。

市場のにぎわいをイメージした明るくてアットホームなお店は、「いらっしゃいませ!」、「毎度さまです!」はもちろん「こんにちは、今日もお元気そうですね・・・!」、「今日もいい天気ですね!」とお客様とスタッフが気軽にあいさつを交わせる地域密着型の憩いの場所です。

ヴィバ・ロバ店内写真


お菓子を作っているところ。本当の手作りです。

温かさを感じる手作りの味

どこか懐かしくやさしい味のお菓子は、ひとつひとつ心を込めた手作りで30年近く変わらぬ味で今もなお愛され続けています。できるだけ地元の素材を使って、より安全で体にもやさしいお菓子作りをつづけております。


「近くにロバさんがあるから便利だよ」

旭川市内の大型スーパー8店舗の中にあるため、買い物帰りや「ちょっと甘いものが欲しいな」というときにも身近なお菓子屋さんとしてご利用頂いております。
温かくやさしい味の焼き菓子、毎朝作り立ての和生菓子、旬のフルーツをふんだんに使った色とりどりの洋菓子など、お菓子のマルシェとして種類は豊富に取り揃えております。

ヴィバ・ロバ商品詰め合わせ

ヴィバ・ロバ パンコーナー

また、末広ダイイチ店にはパン工房もあり、お菓子屋としてのノウハウを活かした個性的な焼きたてパンをご用意致しております。

ヴィバロバは旭川市内に8店舗ございます。
大型スーパーの中にあるため、買い物帰りや急なお遣い物にとても便利です。


ここにしかない!老舗の味を求めて

昭和52年に発売を開始した「あずチャンかぼチャン」は、今も変わらず多くのみなさまに人気の商品です。

「私はこのかぼチャンが好きなの!」「俺はこっちのほうが好きなんだよな」とあずチャンを指差す男性、なんとも微笑ましい光景に思わずスタッフもニッコリ!。北海道ならではのホイル焼のこのお菓子はお土産にお持ちになられる方も多く、小さい頃に食べた味が懐かしいと「あずチャンかぼチャン」を求めて遠方よりわざわざお見えになられるお客様もおります。

人気のあずチャンかぼチャン!